Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
TDRの英語 No.31 ~告知~
 今日は、『魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”』リニューアルオープン記念として、2つ記事をアップします(^^;)

 東京ディズニーリゾートで使われている英語を紹介する『TDRの英語』のコーナーです!

 今回の英文はコチラ↓

DSCN1357_1.jpg

 これは、『魅惑のチキルーム』がリニューアル中の柵に掲示されていたお知らせですね。現在ではもう見ることはできません。

 上に英文、下に日本語の文があるので一見対訳のように見えますが、そうはなっていません。それでは、英文にはなんと書かれているのか、早速見てみましょう(^-^)


ALOHA!
The Enchanted Tiki Room is temporarily closed.

Please come back and visit the
Tikis, Birds, and Flowers
AND SPECIAL GUEST STAR

when the new show opens in Summer 2008!



アロハ!
魅惑のチキルームは一時的にクローズしています。

チキや鳥たち、お花たち
そして特別ゲストスター
に会いに戻ってきてください。

新しいショーは2008年の夏に始まります!



 いかがでしょうか?要点は看板下の日本語の文と変わりませんが、英文の方が内容としてはユーモラスですね。
 今回の英文のミソは、なんと言っても何者かによって追加された文があるところです。誰だか容易に想像できますね(笑) 看板の日本語にはそこが反映されてないのがちょっと残念です(>_<)なので、今回記事にしました。

 このように、英文と日本語とで内容がちょっと違うものもあります。またこんな感じの看板が見つかったら、紹介しようと思います(^-^)

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!” No.1 ~イタズラ好きエイリアンの登場~
DSCN1358_1.jpg

 更新期間がかなり空いてしまい、申しわけないですm(__)m

 今回は、今日からリニューアルオープンした『魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”』を紹介します(^-^)

 このアトラクションは、前のアトラクション『魅惑のチキルーム “ゲット・ザ・フィーバー!”』をリニューアルしたものです。オーディオ・アニマトロニクスの鳥や植物たちが歌を披露する、という内容は変わりませんが、今回はいたずら好きなあのエイリアン『スティッチ』が登場します。

 ハワイの鳥たちが繰り広げる歌のショーの途中で、何やら妙な事ばかりが起こります。その原因は…、というのが今回の内容です。前回のに続き、今回も東京ディズニーランドオリジナルのものとなっています。
 スティッチの登場するアトラクションは、東京ディズニーリゾートではこれが初ですね(^^)

基礎データ
名称魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”
(The Enchanted Tiki Room : Stitch Presents "Aloha E Komo Mai!")
オープン日2008年7月25日
形式シアター
所要時間約13分
定員344人
利用制限なし
ファストパス×
スポンサー新光証券株式会社


参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』


 写真は、リニューアル中の様子です。現在はもう見ることはできません。
 gacceは先日のスニークプレビューで体験してきましたが、まだオープンしたばかりなので、アトラクションの詳しい内容は伏せておきましたm(__)m

 この夏休みを利用して見に行ってみてください!

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ペコスビル・カフェ No.2 ~西部の英雄~
DSC02416_1.jpg


 ここ2ヶ月ほどあまり更新できてなくて申し訳ないですm(__)m 色々な理由はありますが、やっぱりなかなかブログを更新できる時間が取れない、というのが大きな理由です。これからも、週一の更新が続くかと思いますが、どうぞ『Dreamagination!』をよろしくお願いします。



 …さて、本題に入ります!
 今回は、東京ディズニーランド、ウエスタンランドのレストラン『ペコスビル・カフェ』の「ペコスビル」について紹介します(^-^)


 このレストランの名前にある『ペコスビル』とは、アメリカの伝説上のカウボーイの名前です。テキサス州などの南西部に古くから伝わる話で、西部開拓時代を舞台としています。ここでその伝説を紹介します。


 その昔、ある開拓者一家が幌馬車で西部へと向かっていました。その一家はなんと16人もの子供がいました。
 馬車が、ハゲタカですら寄り付かないというアルカリ性の川、ペコス川を渡った時、そこから幼い子供が1人転げ落ちてしまいました。その子は幸運にも、コヨーテに拾われ、やがて西部一のカウボーイに成長しました。それがペコスビルです。彼は『ウィドウメーカー』という馬を相棒にしていました。

 身長が2メートル以上もあり、投げ縄の腕は超一流でした。そんなビルは数々の伝説を残しています。カリフォルニアの雨雲を投げ縄で捕まえると、干ばつに悩むテキサスの地に持って行き、砂漠のど真ん中に川を掘りました。それがリオグランデ川です。また、夜空の星を1つだけ残してすべて打ち落としました。投げ縄を使って竜巻を捕まえ、馬のように乗りこなしたりもしました。

 「恐れを知らぬ勇敢な アラモの西で最強の男」と皆に褒め称えられたビルですが、その彼が身も心もフラフラにさせてしまう人がいました。『スルフット・スー』という女性です。2人は結婚することになったのですが、今までずっと一緒だったウィドウメーカーはそのことを快く思いませんでした。スーはウィドウメーカーを乗りこなそうとしましたが、何度も地上高くまで跳ね飛ばされ、しまいには月まで行ってしまいました。

 それ以来、ビルは荒野に姿を消し、二度と人々の前には現れませんでした。しかし、満月の夜になると、月に向かって吠えているビルの声が聞こえるようになりました。

参考元:『東京ディズニーランド超ガイド Door of Dream 夢のとびら』 講談社
ウィキペディア



 ここに登場する『スルーフット・スー』は、このレストランのお隣『スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー』の女主人と同名ですが、別人です(^^;)

 ちなみに、この話はディズニー映画『メロディータイム』に紹介されています。この映画は日本未公開ですが、ディズニーチャンネルの『ディズニーランド・ストーリー』という番組に、映画のペコスビルの話が抜粋されている回があります。ディズニーチャンネルを見る事のできる方は見てみてはいかがでしょうか?(^-^)

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

トムソーヤ島いかだ No.1 ~子供たちの冒険~
DSCN1351_1.jpg


 今回は、東京ディズニーランド、ウエスタンランドにあるアトラクション『トムソーヤ島いかだ』を紹介します(^-^)

 これは、ウエスタンランドの『アメリカ河』エリアに浮かんでいる『トムソーヤ島』へアクセスする、いわば渡し船です。これ以外にこの島へ行く手段はありません。
 『トムソーヤ島』に到着したら、そこにはインジャンジョーの洞窟、ハックリベリーの沼、トムソーヤのツリーハウスなど、小さな子供がはしゃいで遊べるスポットがたくさんあります(^^) 他には、樽の橋や回転する岩など、アスレチック的要素のあるものもあります。
 
 いかだの乗り降りする所には島全体のマップが用意されています。宝地図を連想するようなデザインになっているので、ちっちゃな子供が喜ぶかもしれませんね。

基礎データ
名称トムソーヤ島いかだ
(Tom Sawyer Island Rafts)
オープン日1983年4月15日
形式ライド
所要時間約1分30秒~3分
定員1隻55人
利用制限なし
ファストパス×

開園1時間後から日没までの運営なので注意です!特に、日没の時間帯は季節によって大きく変動するので、現地での確認が必要です。

DSCN1352_1.jpg


 このいかだには、マークトウェインの小説『トム・ソーヤの冒険』に登場する人物の名前が、それぞれつけられています。
トム・ソーヤ (Tom Sawyer)
ハック・フィン (Huck Finn)
ベッキー・サッチャー (Becky Thatcher)
インジャン・ジョー (Injun Joe)

 この4人の名前がいかだについています。今度乗った時、誰の名前のいかだなのか見てみるのも面白いかもしれません(^-^) この4人についてはまた今度紹介します!

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア



 ちなみに、トムソーヤ島には葉っぱがミッキーの形に切り取られているものがあるそうです(・・; 普通の隠れミッキーよりも探すのは難しいと思いますが、探してみてはいかがでしょうか??

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

TDRの英語 No.30 ~トゥーンのガソリンスタンド Part1~

 今回は、東京ディズニーリゾートで使われている英語を紹介するこのコーナーです(^^) 今回でなんと、ちょうど30回目を迎えました!

 記念すべき30回目は、コチラ↓

DSC01775_1.jpg


 とてもわかりやすいですね(^^;)
 東京ディズニーランド、トゥーンタウンにあるガソリンスタンドの一角です。写真の右側にちょこっと別の掲示が写りこんでいますが、今回は真ん中にあるポスターとその下の案内文を訳してみます(^-^)


 Car Won't
 BACKFIRE?
 It Will When
 We're Done
 With IT!

RESTROOMS
IN REAR<<<



 車はバックファイアを
 起こさないもの?
 僕たちが
 それを捨てたら
 しちゃうよ!

お手洗いは
裏へ<<<



 いかがでしょうか??日本語訳がうまくいきませんでしたが(ーー;)

 補足をしておきます。『バックファイア』とは、エンジンをかけようとしたけれどかからず、代わりに火が爆発音と共に勢いよく飛び出す現象のことです。エンジン不調の一種ですね。日本語で『逆火(さかび)』とも言います。大変危険です(・・; 今の車はそれが起きにくい仕組みになっています。

 トゥーンの世界でも危険なことに変わりはないと思いますが、どうやら起こすのは簡単なようです(^-^;) 車が寂しがって涙の代わりにバックファイアーしてしまうのでしょうか?(笑)


 ちなみに、下のお手洗いの表示は正しいものですよ!実際に行ってみればちゃんとそこへ通じることがわかると思います。

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ベビーマイン ~赤ちゃん~
DSCN0995_1.jpg


 今回は、東京ディズニーランド、ファンタジーランドにあるショップ『ベビーマイン』に焦点を当てようと思います(^-^)

 このショップは、東京ディズニーリゾートオリジナルのベビー用品を主に販売しています。赤ちゃん用の靴下やTシャツなどがあるのはもちろんですが、ベビーミッキーやベビープーさんなどがプリントされているものもあるのです。
 かわいらしいものばかりなので、お母さんは夢中になってしまいますね(^^;)

 『ベビーマイン』という名前は、ディズニー映画『ダンボ』に登場する主人公ダンボの母親『ジャンボ』が、わが子のために唄った子守唄から来ています。映画をご覧になった方はわかると思いますが、ジャンボは檻に閉じ込められてしまいます(・・; まだ幼いダンボと別々にされてしまい、檻越しに2頭が触れ合う時にこの歌が流れます。とても切ないシーンですね(>_<)

基礎データ
名称ベビーマイン
(Baby Mine)
オープン日2002年3月?日
主要商品ベビー用品
フォトエキスプレス×
宅配センター×
傘、レインポンチョ
レンズ付きフィルム、フィルム×
切手、紙おむつ△(紙おむつのみ)
ポケットティッシュ、電池△(ポケットティッシュのみ)


 以前は、『ティンカーベル・トイショップ』という名前のショップでしたが、リニューアルされ、現在のベビー用品専門店となりました。

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 ちなみに、この看板の上にコウノトリがいますね。これは映画のワンシーンです。ジャンボの元にダンボを届けるコウノトリの様子を描いています(^^)

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。