Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
キャッスルカルーセル No.1 ~白馬の行進~
DSC01731_1.jpg


 さて、今回は『キャッスルカルーセル』を紹介します(^-^)

 このアトラクションは、子供の大好きなメリーゴーランドタイプです。ライドの馬は全部で90頭あり、それぞれ表情や装飾が異なっています。また、BGMにディズニーの名曲をオルゴール音にして流しています。

 また、東京ディズニーシーのアトラクション『キャラバンカルーセル』のように、建物の屋根の下にはシンデレラの物語の一場面を描いた絵が合計18枚あり、アトラクションが動いている間物語に沿って絵がまわります。

 立派な白馬ばかりいるように見えますが、実は円の中心に一番近いところに並んでいるのはすべて子馬です。わかりづらいかもしれませんが、じっと見てみるのもいいかもしれません。あやしい人になりますが(^-^;)笑

基礎データ
名称キャッスルカルーセル
(Castle Carrousel)
オープン日1983年4月15日
形式ライド
所要時間約2分
定員90人
利用制限なし
ファストパス×
シングルライダー×
スポンサーなし
(2006年9月3日まで森永製菓株式会社)


 利用制限は特にありませんが、足が馬の足載せに届かない子供は1人で乗ることができません。保護者の同伴が必要です。

 また、このアトラクションはオープン当初『シンデレラのゴールデンカルーセル』という名称でしたが、東京ディズニーシーに、アトラクション『キャラバンカルーセル』がオープンすることになり、両アトラクションのスポンサーに森永製菓がつくことになったので、2001年9月4日に現在の名称に変わりました。それぞれ対の名称になるように変わったそうです。

参考元:『東京ディズニーランド超ガイド Door of Dream 夢のとびら』 講談社
『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
ウィキペディア


DSC01733_1.jpg


 gacceが聞いた話によると、カリフォルニアのディズニーランドにある『キング・アーサーズ・カルーセル』には、東京のと同じ馬のあるメリーゴーランドでしたが、茶色い馬があったそうです。白馬もありましたが、それに人気が集中してしまい、あとで全ての馬を白に塗り替えたそうです(^-^;) ちなみに、東京のは最初からすべて白馬でした。

 さすがにgacceはこの年になったら乗る勇気ありません(^^;)
でも、また乗ってみたいです(笑)
スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

k
名前変わってたんですね~!!
知らなかった(^^;)
2007/04/23(月) 16:15:51 | URL | [ 編集]
gacce
<kさん
実はそうだんたんです(笑)
最初からそうだった感じがしますよね。
2007/04/24(火) 00:19:11 | URL | [ 編集]
k
いや・・・
実は俺の持ってるTDLのガイドブックが2000年のが最新で、ゴールデンカーセルだと・・・・
2007/04/24(火) 00:29:37 | URL | [ 編集]
gacce
あれ??(^^;)時間のギャップが…笑
2007/04/26(木) 00:06:16 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。