Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
TDRの英語 No.33 ~別れの挨拶~

 東京ディズニーリゾートで使われている英語を紹介するこのコーナーです!

 前回に引き続き、今回も音声を使います。まずは一度聞いてみてから、その後の解説をご覧ください。

 今回は、コチラ↓

DSC01346_1.jpg

 今回も、東京ディズニーランドでおなじみのアトラクション『ホーンテッド・マンション』です(;^_^A 前回は水晶玉にいるマダム・レオタのセリフに注目しましたが、今回はライドを降りる直前に、ゲストの頭上でしゃべっているレオタのセリフを扱います。何やら不思議な笑みを浮かべながら話しかけてくる彼女がなんと言っているのか、聞いてみましょう!

 こちらのサイト『DoomBuggies.com』ヘ行き、下へスクロールすると『Leaving You With a Song』と太字で書かれた箇所が見えてきます。そこの近くにある『Shhh...Listen!』とある紫のボックスの『PLAY』をクリックすると、BGM付きでセリフを聞くことができます。

 聞いた方は、『MORE』をクリックして先を読んでください。

 …さて、いかがでしたか?このサイトは、カリフォルニアのディズニーランドのホーンテッド・マンションをメインに扱っているんですが、英語のセリフや歌に関しては東京のものと同じです。

 それでは、レオタがなんとしゃべっていたのか、下↓に載せたので、見てみましょう(^-^)


Hurry back, hurry back.
Be sure to bring your death certificate, if you decide to join us.
Make final arrangements now. We've been dying, hmm, to have you.
hmm hmm hmm hmm...



すぐに戻って、すぐに戻ってきて。
必ず死亡証明書を持ってきて。もしあなたが私たちの仲間になる決心がついたらね。
今最後の準備をして。私たちはあなたを、ンフフ、死ぬほど待っているわ。
フフ フフ フフ フフ…



 ちょっと英語の表現のポイントです。『be dying to do』で『死ぬほど~したい』という意味になります。これは言い換えると『絶対に~したい』ということですね。この表現は日本語も英語も共通です。

 今回の英語のミソはそこです。死んでいるゴーストが『死ぬほど待っている』と言っている、というなんとも粋な表現となっています。

 ミステリアスな笑い声を交えながら話しかけるレオタ。不思議な存在ですね(^-^;)

 ちなみに、先ほどのサイトで聞いたセリフの後ろで流れていたBGMは、東京ディズニーランドではレオタのシーンを通過して、ライドを降りた所で流れています。降りたらさっさと出口に向かうから、流れてたことに気づかない方も多いかもしれませんが(;^_^A
 次回確認してみてはいかがでしょうか?この曲には英語の歌詞がついているので、本当ならこちらも紹介したいところですが、著作権云々の関係でできませんm(__)m
スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。