Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
海底2万マイル No.2 ~アトランティス大陸~
DSC02016_1.jpgネモ船長の開発した潜水艦『ネプチューン号』(ゲストの乗るライド)

 今回は、東京ディズニーシー、ミステリアスアイランドにあるアトラクション『海底2万マイル』に焦点を当てようと思います(^-^)

 ただ、これはリニューアルされてから一度でもアトラクションに乗ったことがある方でないとわからない内容となっています。まだ体験されていない方は、これより先の閲覧を中止することをおススメしますm(__)m

 乗ったことのある方は、『MORE』をクリックしてください。
 まずは、コチラ↓をご覧ください。

かつて多くの人々が暮らし、高度な文明を誇っていたというアトランティス大陸。海底に沈んだとされる"伝説の失われた大陸"の人々は、一説によると生き延びて、次第に水中の環境に適応していったというのだが、果たして・・・?!
(公式ホームページより引用)


 上記の通り、この文は公式ホームページ、東京ディズニーシーのアトラクション『海底2万マイル』の紹介文に載っていました。
 ここにある、『アトランティス』とは何だかご存知でしょうか??

 これは、アジア大陸よりも大きい大陸を支配していたと言われている伝説上の帝国です。大西洋に浮かんでいた、とされています。
 古代ギリシャの哲学者プラトンの著書などにアトランティス大陸について一部触れられています。その著書ではアトランティスは『島』と表記されています。

 アトランティスのお話を紹介します。

 9000年以上前、アトランティス大陸の原住民『エウエノル』とその妻の『レウキッペ』との間の娘『クレイト』は、海神ポセイドンと結ばれました。ポセイドンはちょうどこの時、アトランティスの支配権を得ていました。
 やがて2人の間には5組10人の双子ができ、それぞれの子どもは、ポセイドンによって分割された10の地域それぞれの支配王となり、その後何代にも渡り、王権が維持されてきました。
 ポセイドンは、他の人間からこの地域を隔離するため、『クレイト』の住む小高い山の周りにに3重の堀を造りましたが、やがて『アクロポリス』というアトランティスの都が、人間の手によって造られていきました。

 島には、生活するのに必要な物資がほとんどあり、野菜や家畜などの食料や、鉱石などの金属類などに恵まれていました。
 自然の恩恵を受けていたため、それぞれの地域はどんどん発展していき、軍備がしかれるようにまでになりました。

 しかし、アトランティスの支配者たちは、原住民との結婚を繰り返すうちに、神性が薄まり、堕落してしまいました。これをみたゼウスは怒って大陸そのものに天罰を下しました。
 異常な地震により、アトランティス大陸は一昼夜で海の底に沈んでしまいました。

 こんな話です。

 19世紀には、アメリカの政治家『グネイシャス・ロヨーラ・ドネリー』が著書『アトランティス―大洪水前の世界』を発表し、これによってアトランティスブームが起きました。オカルトとも結びつき、様々な派生研究までされるようになりました。
 それにより、アトランティスのモデルとなった大陸があって本当に地震によって海底に沈んだ、という説がいくつも出てきましたが、現在は学術的に、そんな歴史的事実はない、と考えられています。
 しかし、アトランティスのモデルとなったであろう、と言われる古代遺跡が海底から実際に見つかっており、現在調査が進んでいます。

参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 アトランティス大陸そのものは存在しませんが、それに影響された小説やアニメは多くあります。小説『海底2万マイル』には、海底に沈んだアトランティス大陸が登場しますし、ディズニー映画のひとつに『アトランティスー失われた帝国』があります。

 このアトラクションでは、「水中に適応した人々がいる」という説を元に造られています。実際にそんな説があるかどうかまではわかりませんでした(ーー;)

 さァ、ここまで説明しましたが、頭はパンクしてませんか?(;^_^A 整理できたところで、もう一度公式引用を読み直してください。
 アトラクションの見方が多少変わったんじゃないでしょうか?(^^) 一度乗って、何が何だかわからなかった人には、アトラクションの内容もここではっきりとわかったと思います。
 内容に関しては、これ以上はネタばれになるので言えません。ご了承を(>_<)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト

ホリ
それじゃ、あの壁画は、
アトランチス文明の様子を
描いたものなんだね(・・)
2007/08/08(水) 00:08:01 | URL | [ 編集]
gacce
<ホリさん
そうです!

記憶が曖昧ですが、多分壁画は普通の人間が描かれていたと思います。
もしそうでなかったら、海中で追加修正されたのかもしれません(^-^;)
2007/08/08(水) 01:06:02 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。