Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
白雪姫と七人のこびと No.2 ~世界初の長編アニメーション~
DSC01725_1.jpg


 今回は、東京ディズニーランドのおなじみのアトラクション『白雪姫と七人のこびと』のモチーフとなった作品に焦点を当てようと思います(^-^)

 このアトラクションがディズニー映画『白雪姫』をモチーフにしていることは前回紹介しました。

 この『白雪姫』は、ディズニー初の長編映画であると同時に、世界で初めてのカラー長編アニメーションでもあります。この映画は、3年の歳月と、当時の金額で約140万ドルかけてつくられました。この製作に関わったアニメーターは750人以上いました。

 このアニメーションは、実際に俳優に演技をさせてそれをフィルムに撮り、そのフィルム1枚1枚を絵にする、という手法でつくられました。時間がかかるのも納得です(;^_^A けれど、この手法によってキャラクターの動きをなめらかにすることができました。

 この映画の製作には多くの人がウォルト・ディズニーをけなしました。ハリウッドの映画会社はこの映画を『ディズニーの愚行』と言ってせせら笑い、兄のロイ・ディズニーや、妻のリリーは製作をやめるようウォルトに説得したほどです。
「10セント(ダイム)払ってまでこびとの映画なんか見る人はいないわよ。」と妻のリリーは言いましたが、ウォルトは聞き入れませんでした。それどころか、自分の家を担保にして映画の資金を調達しました。

 1937年12月21日、ついに映画が公開されて瞬く間にヒットし、アメリカの雑誌『ニューヨークタイムズ』のトップにも載りました。1930年代の映画で最も配給利益をあげた映画として、映画史に残されています。

 こうして、『白雪姫』は大成功を収め、ディズニーはのちの映画『ピノキオ』を製作しました。

参考元:『ウィキペディア
Disney Archives


 童話をモチーフにしているからでしょうか?この映画はなんとなく『子供向け』というイメージを持っている人が多くいるように思えます。
 けれど、1度見ればわかります。決して子供向けにつくられていません。アニメーションは手描きからフルCGに変わりつつある現代ですが、今見ても見ごたえのある作品です(^-^)

 見たことのない人はぜひ見るのをお勧めします。『百聞は一見にしかず』です。アトラクションでしか知らないのはもったいないですよ!

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト
ホリ
この作品が、ある意味
ディズニー映画の大躍進となる
きっかけとなった作品なんだ(・・)
初めて知った(^^”)
2007/07/24(火) 08:32:30 | URL | [ 編集]
gacce
<ホリさん
その通りです!
ディズニー一番の大躍進は、トーキーアニメーション(音声付のアニメ)を世に放ったことと、ディズニーランドのオープンだと、個人的には思っています。アニメはディズニーがなかったら今のように発展することはなかったでしょうし。そのくらいアニメの発展とディズニーは切り離せません(^-^)
2007/07/25(水) 01:11:19 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。