Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アドベンチャーランド No.2 ~ニューオーリンズの歴史~
DSC01243_1.jpg


 今回は、東京ディズニーランドのテーマランドの1つ『アドベンチャーランド』に焦点を当てます(^-^)

 アドベンチャーランドは大きく3つのエリアに分かれることは、前回書きました。今回はそのうちの1つ、ニューオーリンズエリアを取り上げます。

 アメリカ南部にある街ニューオーリンズは、元々フランス領地でした。18世紀に、フランス人指導者のもと、「ラ・ヌーヴェル=オルレアン(新たなるオルレアン)」として設立されました。ちなみに、「オルレアン」というのはフランスにある都市の名前です。

 後に領地をスペインに譲ることになりますが、街はフランスの移民が多かったため、スペインの影響はほとんどありませんでした。ここには「クレオール文化」という、独自の文化が伝わっています。

 中でも、「フレンチ・クオーター」と呼ばれる地区には、フランス植民地時代の雰囲気が今でも残っています。

DSC01669_1.jpg


DSC01674_1.jpg


 ↑はニューオーリンズ現地の写真ではありませんが、実際にこのような建物が残っています。アメリカでありながら、ヨーロッパの雰囲気が漂っていますね!これが「クレオール文化」の建造物です。

DSC01666_1.jpg


 この「ロイヤル・ストリート」は実際にある通りの名です。現地のロイヤル・ストリートには、高級品を扱う店が軒を連ねていて、植民地時代に王家が所有していた家具などの貴重な品々を扱っている店もあるそうです。

参考元:『ウィキペディア


 余談ですが、ここニューオーリンズはジャズ発祥の地です。アトラクション『カリブの海賊』の建物前には、『ニューオーリンズジャズ』と呼ばれる初期のジャズが流れていますよ。

 実際、しょっちゅうここを通る人はあまりいないと思いますが、たまにはお散歩をするような気分で立ち寄るのはいかがですか?(^-^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。