Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ラッキーナゲット・カフェ No.2 ~ジョーンズ物語~
DSC01876_1.jpg


 今回は、東京ディズニーランド、ウエスタンランドにあるレストラン『ラッキーナゲット・カフェ』のバックグランドストーリーに注目します(^-^)

 1850年代、アメリカ西部はゴールドラッシュの真っ只中でした。多くの人が金塊を目当てに鉱山を発掘しましたが、噂通りに金塊を手にした人はほんの一部でしかありませんでした。ほとんどは山という山を転々として金塊を探しつづけていました。ジョーンズという抗夫もそんな1人でした。
 ある時、ジョーンズはビッグサンダー・マウンテンの中に流れている小川で食器を洗っていて、川の中にふと何かを見つけました。取り出してみると、なんとそれは大きな金塊でした。

 ジョーンズはそれを元手として、1859年にカフェを開きました。お店は「川で金塊を見つけた」という噂を聞きつけた抗夫や探鉱者で賑わうようになり、彼はあっという間にお金持ちになりました。

 ちなみに、カフェの上に掲げられた看板は、当時砂金探しに使われていた大きなふるいに手を加えたものです。


参考元:『東京ディズニーランド超ガイド Door of Dream 夢のとびら』 講談社
ウィキペディア


 ちなみにここの『ナゲット』は、フライドチキンのことではなく『金塊』という意味です。
 レストラン名の下にある英語を訳すと、
Servin' good grits since 1859
『1859年からいい食いもん出してるぜ』
といった具合でしょうか(^-^;)
 「grit」という単語は「(食べ物などに混じる)砂、ちり」という意味ですが、俗語で「食いもの」という意味もあります。ここでは後者の方が適切かなァ、と思い『食いもん』と訳しました。
 その時代にそんな意味があったかどうかわからないので、保障はできませんが(;^_^A

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。