Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ペコスビル・カフェ No.2 ~西部の英雄~
DSC02416_1.jpg


 ここ2ヶ月ほどあまり更新できてなくて申し訳ないですm(__)m 色々な理由はありますが、やっぱりなかなかブログを更新できる時間が取れない、というのが大きな理由です。これからも、週一の更新が続くかと思いますが、どうぞ『Dreamagination!』をよろしくお願いします。



 …さて、本題に入ります!
 今回は、東京ディズニーランド、ウエスタンランドのレストラン『ペコスビル・カフェ』の「ペコスビル」について紹介します(^-^)


 このレストランの名前にある『ペコスビル』とは、アメリカの伝説上のカウボーイの名前です。テキサス州などの南西部に古くから伝わる話で、西部開拓時代を舞台としています。ここでその伝説を紹介します。


 その昔、ある開拓者一家が幌馬車で西部へと向かっていました。その一家はなんと16人もの子供がいました。
 馬車が、ハゲタカですら寄り付かないというアルカリ性の川、ペコス川を渡った時、そこから幼い子供が1人転げ落ちてしまいました。その子は幸運にも、コヨーテに拾われ、やがて西部一のカウボーイに成長しました。それがペコスビルです。彼は『ウィドウメーカー』という馬を相棒にしていました。

 身長が2メートル以上もあり、投げ縄の腕は超一流でした。そんなビルは数々の伝説を残しています。カリフォルニアの雨雲を投げ縄で捕まえると、干ばつに悩むテキサスの地に持って行き、砂漠のど真ん中に川を掘りました。それがリオグランデ川です。また、夜空の星を1つだけ残してすべて打ち落としました。投げ縄を使って竜巻を捕まえ、馬のように乗りこなしたりもしました。

 「恐れを知らぬ勇敢な アラモの西で最強の男」と皆に褒め称えられたビルですが、その彼が身も心もフラフラにさせてしまう人がいました。『スルフット・スー』という女性です。2人は結婚することになったのですが、今までずっと一緒だったウィドウメーカーはそのことを快く思いませんでした。スーはウィドウメーカーを乗りこなそうとしましたが、何度も地上高くまで跳ね飛ばされ、しまいには月まで行ってしまいました。

 それ以来、ビルは荒野に姿を消し、二度と人々の前には現れませんでした。しかし、満月の夜になると、月に向かって吠えているビルの声が聞こえるようになりました。

参考元:『東京ディズニーランド超ガイド Door of Dream 夢のとびら』 講談社
ウィキペディア



 ここに登場する『スルーフット・スー』は、このレストランのお隣『スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー』の女主人と同名ですが、別人です(^^;)

 ちなみに、この話はディズニー映画『メロディータイム』に紹介されています。この映画は日本未公開ですが、ディズニーチャンネルの『ディズニーランド・ストーリー』という番組に、映画のペコスビルの話が抜粋されている回があります。ディズニーチャンネルを見る事のできる方は見てみてはいかがでしょうか?(^-^)
スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。