Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
別サイトのお知らせ

 別サイト『Disney Moments』にて、『東京ディズニーリゾート論』というカテゴリーを公開しました!これは、東京ディズニーリゾートを学問の視点からみよう、というものです。もしよければそちらも覗いてみてくださいm(__)m

 以前も紹介してたんですが、手違いで公開してなかったことに今頃になって気づいたので、改めて紹介します(;^_^A 今度はちゃんと公開されてます!

 遅くなってしまい、申し訳ありませんでしたm(__)m
スポンサーサイト
TDRの英語 No.28 ~20世紀初頭のニューヨークの広告 Part6~

 今回は、東京ディズニーリゾートで使われている英語を紹介するこのコーナーです(^-^) 久々に、東京ディズニーシー、アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある広告に注目してみます。

 今回は、コチラ↓

DSCN1066_1.jpg


 とうもろこしとかぶどうを持っているから、なんとなく食べ物関連の広告かなァ、というのはわかるかと思います。早速見てみましょう(^^)


 ed. Musgrave's RAISIN TOASTIES
 "Good for Your Brain"

Did You Know that Your Brain
Requires Special Food? Unlike the
Rest of Your Body, Your Brain and
Nerves Requires EXTRA Nourishment.
Feed Your Head the Food that's
Celery-Impregnated and Peptonized.

J.L. POSTULATE Co., LTD., BATTLE CREEK, MICH., U.S.A.



エド・マスグレイヴのレーズン・トーストサンド
『脳に効く』

脳には特別な食べ物が必要であると
知っていましたか?他の身体の部分と
違い、脳と神経には別の栄養素が不可欠なのです。
頭に、セロリに染み込んで消化のいい
食べ物を送りましょう。

J.L.ポスチュレート株式会社、バトルクリーク、ミシガン州、アメリカ合衆国



 最後の文が意味不明なので、こんな風な訳し方しかできませんm(__)m 『レーズン』という名前なのに、セロリ…?(・・; なんだか前後の文をつなげるのが難しいです(ーー;)

 まァ、とにかく、これで健康食品の広告であることがわかりました!現在の日本でも注目されているものですが、20世紀初頭のアメリカではもう健康食品が出ていたのでしょうか?
 そんなことを考えてしまいますね(^^)

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ニューヨーク・デリ ~賑やかなダイニング~
DSCN0018_1.jpg


 今回は、東京ディズニーシー、アメリカンウォーターフロントにあるレストラン『ニューヨーク・デリ』を紹介します(^-^)


 ここは、サンドイッチやサラダなどの手軽なメニューを扱っているレストランです。『ブロードウェイ・ミュージックシアター』に近いため、ショー終了後は混雑することがあります。
 なんでもここは、ミュージシャンや作曲家、役者なども立ち寄ることが多いんだとか。

 店内には、フォトスタジオやテーラーショップなどをモチーフにしたダイニングがあり、着く席によって全く違う雰囲気を味わうことができます。食事ついでに周りを見渡すと、面白い発見があるかもしれませんね(^^) ちなみに、違った雰囲気のダイニングは、全部で6種類です。

基礎データ
名称ニューヨーク・デリ
(New York Deli)
オープン日2001年9月4日
形式カウンターサービス
座席数約520席
ジャンルサンドイッチ&デリ
プライオリティシーティング×
お子様メニュー×
ショー×
レストルーム
アルコール
スポンサー株式会社ニチレイ


 『ニューヨーク・デリ』の『デリ』とは、「惣菜屋」を意味する『デリカティッセン(Delicatessen)』の略語です。

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 ちなみに、アメリカンウォーターフロントでよく見る『マイルハイ・デリ・サンド』の広告は、実際のメニューにもあるものです。(写真がありませんm(__)m)
 『マイル』とまではいかなくても、本当に高く積まれたサンドイッチなので、食べにくいかもしれませんが、一度試してみるのもいいかもしれません(^^;)

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

別サイトのお知らせ

 別サイト『Disney Moments』で、『東京ディズニーリゾート論』というカテゴリーをスタートさせました。これは、東京ディズニーリゾートを学問的視点から見よう、というものですので、よかったそちらもご覧ください(^-^)
オムニバス No.1 ~乗り合い~
DSCN1158_1.jpg


 今回は、東京ディズニーランドにあるアトラクション『オムニバス』について紹介します(^-^)

 これは、シンデレラ城前に広がる『プラザ』をぐるっと1周するアトラクションです。2階建てのバスに乗って、ゲストはいつもとは違った視点でプラザを眺めることができます。運転をするキャストは、走行中に東京ディズニーランドの各テーマランドの解説もしてくれます。時速約10kmなので、のんびりとするのにピッタリですね(^^)

 周りにはアトラクションのポスターが貼られており、車内には各テーマランドのスナップ写真が飾られています。

 『オムニバス』という名前は、『乗り合い自動車』という意味があります。20世紀初めにニューヨークの5番街で実際に走っていたものをモチーフとしています。

基礎データ
名称オムニバス
(Omnibus)
オープン日1983年4月15日
形式ライド
所要時間約6分
定員33人
利用制限なし
ファストパス×


 ちなみに、パレードやキャッスルショーが行なわれる時間帯は運行を中止するので注意です。

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 このアトラクションは東京ディズニーランドグランドオープンから存在するアトラクションです。ポスターは、アトラクションの増設などで変わったりしていますが、これ自体は25年からずっとゲストを乗せてプラザを走っています(^-^) 素敵なことですね。

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

お知らせ
 少し多いですが、いくつかお知らせすることがあります。

・1つめ
 なんの前触れもなしに申しわけなかったのですが(;^_^A、今回東京ディズニーリゾートが25周年を迎えたので、それにあわせてブログのテンプレートも変更してみました!
 このブログ開設以来初のリニューアルです(^-^) ちなみにケータイ版もテンプレートを変えたので、よかったらそちらもチェックしてみてください。

・2つめ
 報告が大変遅くなりましたが、先月、3月9日にこの『Dreamagination!』は開設1年を迎えました!今更なんですが(^^;)、ここまでこれたのも、ここに来てくださるみなさまのおかげですm(__)m
 最近はブログを始めた当初に比べて、圧倒的に時間がなく、更新が途絶えることが多々あり、楽しみにしている方々には本当に申し訳ないです。これからも、週に何回かの更新しかできませんが、なんとか時間を見つけて書いていこうと思います。


・3つめ
 ある時突然、1日のアクセス数が300を超えたときには驚きました(^-^;) それのおかげで、今でも以前より多くの方に来ていただいており、とてもうれしく思っています。24100ヒットも超えました。

・4つめ
 ブログランキングへの参加をやめました。それにともなって、バナーも削除しました。けれど、古い記事には、バナーのあったところに『バツ印』とリンクが残っていることがありますが、それは少しずつ削除していく予定です。


 最後に、25周年を迎えた東京ディズニーリゾートと共に、これからもこのブログも盛り上げていけたらな、と思います。

 では、これからも『Dreamagination!』をよろしくお願いします!m(__)m
東京ディズニーリゾート ~Where Dreams Come True~
DSC02829_1.jpg



 本日、2008年4月15日、東京ディズニーリゾートが誕生して25年目に突入しました!(^-^)

 今回は、東京ディズニーリゾート25周年を記念して、この25年の間に起こったことを簡単に紹介したいと思います。


 1983年4月15日、東京ディズニーリゾートで一番最初の施設『東京ディズニーランド』がオープンしました。そのわずか1ヵ月後の5月23日に、100万人目をゲストを迎え、9月5日には500万人目のゲストを迎えました。初年度は最終的に1036万人ものゲストが来園しました。
 当時「余暇をどのように過ごすか」という余裕が日本人の間に出てきており、その当時にオープンしたパークは日本人の心を確実につかんでいきました。


 1988年、東京ディズニーランドが5周年を迎えた際行なわれた記者会見で、当時オリエンタルランド会長であった高橋政知が、『第2パーク構想』を発表しました。更に、この年、JR京葉線が開通し、東京ディズニーリゾートのある舞浜へのアクセスがますます便利になりました。

 最初、ディズニー社はアメリカにあるような『映画』をテーマにしたテーマパークを提案しましたが、日本人はアメリカ人ほど映画に親しみがない、という理由でオリエンタルランドは却下しました。その後、『ディズニーシー』という、『海』をテーマにした全く新しいテーマパークが、ディズニー社から提案されました。
 島国である日本なら、海に親しみをもちやすい、ということで、オリエンタルランドはこれを承諾し、ディズニー社と協議を重ねました。ところが、アメリカと日本との文化間の違いから、両社の意見が大きく食い違うことに。

 オリエンタルランドとディズニー社との協議が何度も何度も繰り返され、ようやく第2のテーマパーク『東京ディズニーシー』の構想がまとまりました。そして、その周辺施設『イクスピアリ』、『ボン・ヴォヤージュ』、『ディズニーリゾートライン』、『ディズニーアンバサダーホテル』、『東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ』の建設工事が始まりました。

 2000年に、『イクスピアリ』、『ディズニーアンバサダーホテル』がオープンし、2001年には『ボン・ヴォヤージュ』、『ディズニーリゾートライン』、『東京ディズニーシー』、『東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ』がオープンしました。


 こうして、1983年には『東京ディズニーランド』しかなかった東京ディズニーリゾートですが、周辺施設が次々にオープンし、現在では毎年2000万人を超えるゲストが東京ディズニーリゾートにやってきます。
 更に今年、2008年は、7月8日に『東京ディズニーランドホテル』、10月1日に『シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京』が新たにオープンします。これからも、東京ディズニーリゾートは更なる発展を続けるのです(^^)


基礎データ
名称東京ディズニーリゾート
(Tokyo Disney Resort)
所在地千葉県浦安市舞浜1番地1
キャッチフレーズWhere Dreams Come True


周辺施設
東京ディズニーランド No.1
東京ディズニーシー No.1
ディズニーアンバサダーホテル
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル
イクスピアリ
ボン・ヴォヤージュ
ディズニーリゾートライン
ディズニーリゾートクルーザー


参考元:『ウィキペディア』


 ちなみに、キャッチフレーズの『Where Dreams Come True(夢のかなうところ)』は、今回25周年を迎えるにあたって、初めてつけられました。他のディズニーリゾート(カリフォルニア、フロリダ、パリ、香港)には同じキャッチフレーズがすでにつけられていましたが、やっと今回東京にもつきました(^^;)

 これから25周年をお祝いするイベントが始まりますが、楽しみですね!!

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

TDRの英語 No.27 ~嵐~
 今回は、東京ディズニーリゾートで使われている英語を紹介するコーナーです(^^)

 今回は、コチラ↓

DSCN1564_1.jpg


 どこにあるのか、ちょっとわかりやすいですね(^^;) 東京ディズニーシー、アメリカンウォーターフロントのケープコッドにある記念碑ですね。

 早速訳してみます。


 THEY THAT GO DOWN
 TO THE SEA IN SHIPS

 1623-1912



 海に散ったものは
 船の中に

 1623-1912



 今回は、これだけじゃちょっと意味がわからないですね(;^_^A というわけで、説明します。

 ここ、ケープコッドは幾度も嵐に見舞われてきました。そのため、船に乗ったまま嵐に遭ってしまい、帰らぬ人となった漁師が何人もいたのです。その人たちの慰霊碑のようなものが、この写真の奥にある、カッパを着たミッキーの像なのです。
 こちらでも紹介しましたが、『ハリケーン・ポイント・ライトハウス』は、嵐の被害がこれ以上広がらないように、という願いを込めたものです。この2つは密接な関係にあったんですね。
 下の西暦は、1623年の村の創立からずっと被害が続いたものだと思われます。


 ちなみに、このミッキー像にはモデルとなったものが実際にあります。それは、アメリカ、マサチューセッツ州のグロスターという港町にある『フィッシャーマン記念像』です。グロスターの300年祭を記念して作られました。また、グロスターは嵐の通り道となるところで、毎年地元の何人もの漁師が、嵐の犠牲者となりました。その犠牲者の慰霊碑のようなものでもあります。この像の人物もカッパを着ていて、嵐が多かったことがわかります。この像は、正面から左側に舵があるので、ミッキーの像とは向きが逆です。
 ディズニーとは関係ありませんが、映画『パーフェクトストーム』は、その漁師を描いた作品です。記念像も一瞬写ります。

情報提供:『ランバルディさん

参考元:『Out of Gloucester


 ランバルディさん、情報提供、ありがとうございます!この場を借りてお礼申し上げますm(__)m


 参考元の『Out of Gloucester』で、『フィッシャーマン記念像』の写真を見ることができます(^^) 海外サイトなので、英語のみです。
(行き方は、『トップ』 → 『Photos』 → 『Fishermen's Memorial Service』
 または 『トップ』 → 『Fishing』 で、見ることができます。)


 余談ですが、今回の英文はモデルとなった『フィッシャーマン記念像』と全く同じですが、それには下の西暦が『1623-1923』となっています。先ほど『300年祭を記念して』と書いたので、それで納得できると思いますが、では、なぜ東京ディズニーシーのは『1623-1912』なのでしょう??



 答えは、アメリカンウォーターフロントは、1912年のニューヨークとケープコッドが舞台だからです(^-^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 No.2 ~マヤ文明~
DSCN0605_1.jpg


 今回は、東京ディズニーシーのアトラクション、『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー』の外観モチーフとなった、マヤ文明の遺跡などについてご紹介です(^-^)


 『マヤ文明』というのは、現在のメキシコ、ユカタン半島などのマヤ地域に2000年にも渡って栄えた古代文明です。小さな都市国家がいくつもあり、互いに合従連衡と興亡を繰り返し、統一都市国家が誕生することはありませんでした。
 古典期(A.D.300~900)には、ティカルとカラクルムという大都市国家の君主が現れ、この2人は覇権を争いました。その後は、その2つを含む各地の諸国家は次々と衰退していきました。
 16世紀になると、メキシコからの侵入者によってマヤ文明は滅びました。


 この文明の大きな特徴として、青銅や鉄器などの金属器を持たなかった、生贄の儀式が盛んだった、牛や鶏などの家畜をもたなかった、などがあげられます。生贄の儀式が盛んだったのは、アトラクションのQラインからもうかがえますね(・・;

 また、アトラクションと実際のマヤ文明との大きな違いは、『河』がないことです。このアトラクションのあるテーマポートは『ロストリバーデルタ(失われた河)』という名前ですが、マヤ文明は密林に覆われている地域にあり、近くに大きな河がありませんでした。古代中国文明には黄河や長江、エジプト文明にはナイル河など、古代文明の近くには大きな河があるものですが、マヤ文明にはそれがありませんでした。その代わり、天然の泉があったため、水の供給はそれで行なってきました。


参考元:『世界遺産の宝庫 中南米三大文明「インカ・マヤ・アステカ」展
ウィキペディア


 マヤ文明に興味を持った方は、更に調べてみてはいかがでしょうか?(^-^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。