Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
TDRの英語 No.18 ~キャンドルの灯り~
 今回は、TDRで使われている英語を紹介するこのコーナーです(^-^) 前回に引き続き、東京ディズニーシーの『ハーバーサイド・クリスマス』特集です(笑)

 今回の写真はコチラ↓

DSCN0802_1.jpg


 東京ディズニーシーのクリスマスの代表的なショー『キャンドルライト・リフレクションズ』の広告ですね(^^) 写真はアメリカンウォーターフロントのアトラクション『ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ』のレールの高架下で撮りました。

 さて、どんな内容か見てみましょう!

 Candlelight Reflections

 Share the magic and fantasy
 Mickey and his friends,
 as the entire harbor begins
 to sparkle and shine with
 exquisite Christmas illuminations.
 Come share a special moment
 with someone special.


 At Mediterranean Harbor.




 キャンドルライト・リフレクションズ

 素晴らしいクリスマスイルミネーションで
 ハーバー一帯がキラキラ輝き始めると、
 ミッキーと仲間たちは
 魔法と幻想を共にします。
 特別な人と、特別な時を
 分かち合いに来てください。


 於:メディテレーニアンハーバー



 こんな感じでしょうか?この文は、文法的によろしくない箇所が多々あって、わかりにくくなっています(ーー;) gacceも解読するのにちょっと苦戦しました。

 まァ、その箇所の訂正はさておき、このショーを一度でも見たことある方なら「うん、うん。」とうなづけますね(^^) キャンドルの温かい灯りがハーバーを覆いつくすのは、本当に幻想的な風景です。

 東京ディズニーシーのクリスマス、と言ったらやっぱりこれですよね!

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

アラビアンコースト No.1 ~魔法と神秘に包まれたアラビアンナイトの世界~
DSC02314_1.jpg


 今回は、東京ディズニーシーのテーマポート、『アラビアンコースト』に焦点を当てます(^-^)

 ここは、ディズニー映画『アラジン』に登場する、ランプの精『ジーニー』の魔法で造られました。『アラビアンナイト』に出てくるような建物が並んでおり、エスニックな雰囲気が漂っています。

 このテーマポートは、『王宮』、『市場』、『港』と、3つのエリアに分けられます。

 『王宮』は、写真に写っているエリアです。アトラクション『マジックランプシアター』、レストラン『カスバ・フードコート』があるところですね。ここは中庭をイメージしており、噴水が設けられています(^^) サルタン王やジャスミン姫が住んでいそうです。

 『市場』は、写真から向かって左側の門をくぐったところにあります。ショップ『アグラバー・マーケットプレイス』、『アブーズ・バザール』があるところです。ディズニー映画『アラジン』に登場する『アグラバー』の街並みのようですね。『王宮』とはうってかわって、庶民の街の雰囲気が出ています(^-^)

 『港』は、アトラクション『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』のあるエリアです。ここも、『王宮』や『市場』とはまた違った雰囲気です。要塞風の建物が建ち並んでいて、ここではシンドバッドが共に冒険してくれるゲストの参加を待っています。

基礎データ
名称 アラビアンコースト
(Arabian Coast)
オープン日 2001年9月4日
キャッチコピー 魔法と神秘に包まれたアラビアンナイトの世界
アトラクションの数
ショーの数
ショップの数
レストランの数

アトラクション
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ No.1 No.2
(Sindbad's Storybook Voyage)
マジックランプシアター No.1
(The Magic Lamp Theater)
キャラバンカルーセル No.1
(Caravan Carousel)

ショップ
アグラバーマーケットプレイス No.1
(Agrabah Marketplace)
アブーズ・バザール No.1
(Abu's Bazaar)

レストラン
カスバ・フードコート No.1
(Casbah Food Court)
サルタンズ・オアシス No.1
(Sultan's Oasis)
オープンセサミ
(Open Sesame)


 ちなみに、『市場』エリアのどこかにあのジャファーのお店があるんですが、サルタン王から営業停止されてしまいました。まだ見つけてない方は、探してみては?

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
参考元:『ウィキペディア


 今度、各エリアについて詳しく書こうと思います(^-^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ウォルト・ディズニー No.3 ~秘中~
 今回は、ウォルト・ディズニーの数々の名言を紹介するこのコーナーです(^-^)

 今回は、コチラの名言です↓

 『夢を実現させる秘訣を知っている人にでも、
  越せない壁があるなどとは、どうにも信じられない。
  私が思うに、その秘中の秘は4つの“C”で要約される。
  つまり、好奇心(Curiosity)、自信(Confidence)、勇気(Courage)、
  そして不変性(Constancy)だ。
  なかでも一番大切なのが、“自信”、自分を信じるということだ。
  ひとたび、こうと思ったら、盲目的に一片の疑いもなく、
  それにのめり込んでいくことだ。』

 “Somehow I can't believe there are any heights
  that can't be scaled by a man who knows
 the secret of making dreams come true.
 This special secret, it seems to me, can be summarized in four C's.
  They are Curiosity, Confidence, Courage, and Constancy
  — and the greatest of these is Confidence.
  When you believe a thing, believe it all the way,
  implicitly and unquestionably.” by Walt Disney



 ちょっと長かったですね(;^_^A けれど、これもウォルトらしい言葉です。

 前回は、数々の偉業を成し遂げたのは明確なスタートがあったから、と書きましたが、今回の場合はスタートしてからのことです。
 もちろん、明確な目標も必要ですが、実際に行動に移さないと事は進みませんよね?ウォルトは『4つの“C”』で、トーキー・アニメーション、長編アニメーションの製作、そして、テーマパークの建設と数々の偉業を成し遂げました。これらは、どれも世界初のことです。

 好奇心旺盛なウォルトは、まだあまり確立されてなかったアニメーションに取り組み、革命を起こしました。これは、相当勇気のいることです。けれど、『質のいいものなら、必ず受け入れてもらえる』と固く信じていたウォルトは、それに自信を持って数々のビジョンを実行してきました。
 (“Constancy”は、辞書を引くと『不変』と載っていますが、本当は『質が保たれていて変化しないこと』という意味の方が正確です。)
 これが、ウォルトの『4つの“C”』です(^^)

参考元:『ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉』 ぴあ
Wikiquote


 もし、夢や目標を追いかけていてつらく感じることがあったら、この言葉を思い出してみてください。gacce自身も、受験時などにはこの言葉に励まされてきました。ウォルトも言っているように、一番大切なのは自信を持つことですよ(^^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

TDRの英語 No.17 ~ニューヨークのクリスマス~
 今回は、東京ディズニーリゾートで使われている英語を紹介する、このコーナーにいきたいと思います!(^-^) かなり久々ですね(^-^;)


 今回は、珍しくシーズナルなものをもってきました。

 写真はコチラ↓

DSCN0800_1.jpg


 東京ディズニーシーのスペシャルイベント『ハーバーサイド・クリスマス』から、この時期だけに登場するツリーについての看板です。これは、S.S.コロンビア号の近くにある巨大ツリーのことですね(^^)
 なんて書いてあるか見てみましょう。


 The Most Magnificent
 Christmas Tree
 in New York!


 『ニューヨークで1番壮大な
  クリスマスツリー!』



 The City of New York
 extends to you our wishes
 for a very Merry Christmas.
 May your holiday seasons
 be full of love and happiness.


 『ニューヨーク市は、とても楽しいクリスマスになるよう
  私たちの願いをあなたに届けます。
  あなたの休日期が、愛と幸せで満たされますように。』



 こんな感じです。市民の幸せなクリスマスを、市は願っているだなんて嬉しいですね(^^)


 あのツリーの大きさは、間近で見ると圧倒されます。大きさだけじゃなくて、看板に描かれている以上にオーナメントが豪華で、キレイですよ(^-^)

 ニューヨーク市の願いが詰まったクリスマスツリー、ぜひご覧あれ!

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ ~お気に入りの料理~
DSC02513_1.jpg


 今回は、東京ディズニーシー、メディテレーニアンハーバーにあるレストラン『ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ』を紹介します(^-^)

 このレストランは、ピッツァやパスタなどのイタリア料理を扱っています。座席数は屋内外合わせて約750席と、東京ディズニーシーの中でも多い数となっています。

 このレストランのオーナーは、名の通りザンビーニ3兄弟です。19世紀後半に使われていたワイナリーを改装して、このレストランをオープンしました。3人の好物がピッツァ、パスタ、ライスであったため、ここのレストランでそれらを扱っているのです。彼らは旅人や村人たちをよくもてなすそうです(^^)

基礎データ
名称ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
(Zambini Brothers' Ristorante)
オープン日2001年9月4日
形式カウンターサービス
座席数約750席(屋内外)
ジャンルイタリアン
プライオリティシーティング×
お子様メニュー×
ショー×
レストルーム
アルコール
スポンサー明治乳業株式会社


 このレストランには3つのカウンターがありますが、オープン当初はそれぞれ異なる料理を扱っており、食べたい料理を扱っているカウンターに並ばなければなりませんでした。今ではどのカウンターでも同じ料理を扱っています。

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 ここは、個人的に好きなレストランです(^-^) 木の温もりが感じられる、落ち着いた雰囲気だからです。冬だと寒いですが、テラス席もおススメです!ハーバーを一望できますよ(^^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ウォルト・ディズニー No.2 ~夢の実現~

 1週間ぶりです(;^_^A しばらくはペースが定まらないと思いますが、気長にお待ちくださいm(__)m

 さて、今回は最近スタートさせた新カテゴリー『ウォルト・ディズニー』です!ここでは、ウォルトの残した様々な名言を、gacceなりの解釈を交えながら紹介していこうと思います(^-^)

 今回の名言は、コチラ↓


 『夢見ることができれば、それは実現できるのです。』
 "If you can dream it, you can do it." by Walt Disney



 これはホントに有名な名言ですね!
 ミッキー・マウスの誕生から、『白雪姫』、『ピノキオ』、『ピーターパン』など、次々とヒット作を生み出し、更にはディズニーランドを開園したウォルトならではの言葉です。

 数々の偉業を成し遂げたウォルトですが、それも『これをやりたい!』という明確なスタートがあったからです。何かをやるには目標がないとできませんよね? 『千里の道も一歩から』ということわざがありますが、この名言はまさにそれを表しているんじゃないかなァ、とgacceは思います(^^)

参考元:『ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉』 ぴあ
Wikiquote


 …とこんな感じでやっていきます!これからも、こういった名言を紹介していきます(^-^) もしかしたら、みなさんのこれからの人生において重要になる名言に出会うかもしれません。
 お楽しみに!

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

別サイトの宣伝
 ちょいと宣伝させてください(^-^;)

 別サイト『Disney Moments』にて、『ディズニー・オン・クラシック』に行った時のレポを載せました!よろしければ、ご覧くださいm(__)m

 また、そのサイトでは東京ディズニーリゾートに行った時のインパ記や、デアゴスティーニ出版の『週刊 マイ・ディズニーランド』についても載せています。そちらもよければご覧いただければ嬉しいです。

 これからも、『Dreamagination!』ならびに、『Disney Moments』をよろしくお願いします。
【2007/11/12 23:12】 | 連絡 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ポッピングポッド ~宇宙船型~
DSC02913_1.jpg


 久々に東京ディズニーリゾートの紹介です!今回は、東京ディズニーランド、トゥモローランドのレストラン『ポッピングポッド』です(^-^)

 ここでは、名前から想像できますが、ポップコーンを扱っています。味はキャラメル味となっています。ポップコーンワゴンではなく、『レストラン』としてマップにもちゃんと載っている正式なレストランです(^^;)

 ここの『ポッド』とは、宇宙船をイメージしています。写真だとちょっとわかりづらいですが、この建物の外観がそれらしい形をしていたり、ライトの形が変わっています。

基礎データ
名称ポッピングポッド
(The Popping Pod)
オープン日2004年7月15日
形式カウンターサービス
座席数なし
ジャンルポップコーン
プライオリティーシーティング×
お子様メニュー×
ショー×
レストルーム×
スポンサーなし


 ここは、元々東京ディズニーランドにアトラクション券があった時代、それを販売していたブースでした。それが廃止されて、完全パスポート制になると同時に閉鎖され、2004年にポップコーンを扱うレストランとして生まれ変わりました。

参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
参考元:『ウィキペディア


 gacceが小さい頃、ここで券を販売していたのを、なんとなく覚えています(・・ ただ、アトラクション券を利用したことが1回もないので、利用したことはありません(;^_^A

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ウォルト・ディズニー No.1 ~波乱の人生~
 お久しぶりです。またまた、間をあけてしまい申し訳ありませんm(__)m 今度こそ、時間が取れるようになったので、更新を週に何回かのペースで続けていきます!


 …とイキナリ謝罪から始まってしまいましたが(^^;) 今回、新しいカテゴリーを追加しました!!
 『ウォルト・ディズニー』という題で、ここではウォルトの残した様々な名言を紹介していこうと思います。

 けれど、『そもそもウォルト・ディズニーはどんな人生を歩んだのか?』と、知らない方も多いと思うので、今回は彼の生涯について紹介します(^-^)

 量が多いので、続きを読みたい方は『MORE』をクリックしてくださいm(__)m
MORE

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。