Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ホーンテッド・マンション No.3 ~殺人鬼~
DSC01928_1.jpg


 今回は、人気アトラクションの『ホーンテッド・マンション』の出口にある、この墓標を取り上げます(^^)

 この墓標は、ここに書かれているように、BLUEBEARD(青髭)のものです。名前の上にある数字は、彼が死亡した年です。

 15世紀の西洋の貴族だった青髭は、生涯に7人もの妻をめとりました。しかし、最初の妻ペネロペが1434年に死亡し、それから青髭と結婚した女性が次々に、それも1年に1人のペースで亡くなりました。みんな青髭に殺されてしまったのです。
 けれど、7番目の妻ルクレチアだけは違いました。1440年、彼女はとうとう青髭をあの世へ送り、先妻たちの無念を晴らしました。
 墓標に7番目の妻の死亡した年だけが彫られていないのは、このためです。

DSC01929_1.jpg


参考元:『東京ディズニーランド超ガイド Door of Dream 夢のとびら』 講談社


 これは、ちゃんとしたディズニー公式のバックグランドストーリーですよ!残酷ですが(^-^;)

 ちなみに、日本では有名ではありませんが、『青髭』という童話があります。現在よく知られている『シンデレラ』の物語を作ったことで有名な『シャルル・ペロー』が執筆しました。

 以下が、シャルル・ペロー版『青髭』のあらすじです。

 青髭はお金持ちの貴族でしたが、その恐ろしく、みにくい青いひげのせいで、周囲から恐がられていました。彼はすでに3度も結婚をしていましたが、誰も3人の妻のその後を知りませんでした。

 ある時、青髭は近所の美人姉妹に求婚し、妹と結婚することになりました。こうして、彼女は青髭の館に住むことになりました。

 ある日、青髭はしばらく国を離れると言い、新妻に館の鍵束を渡しました。その時、青髭は、
「この館の部屋どこでも入っていいが、この鍵束の中で一番小さい鍵の部屋にだけは入ってはいけない。」
と言い残し、出て行きました。
 新妻は禁じられた部屋に何があるのか気になり、鍵を開けてしまいました。

 部屋をのぞくと、床からは血の匂いがし、壁には先妻の死体がつるされていました。新妻は恐怖に襲われ、すぐに部屋の扉を閉めましたが、鍵に血がついてしまいました。

 予想外にも青髭が館に帰ってきてしまい、新妻が禁じられた部屋に入ったことがバレてしまいました。青髭は怒り狂い、新妻を打ち首にしようとしました。彼女は姉と共に高い塔に逃げ隠れましたが、青髭はその塔の扉を壊そうとしました。2人は、青髭の2人の兄弟が来るのを待ちました。
 すんでのところで青髭の兄弟たちがやってきて、青髭をあの世へ送りました。

 こうして青髭の遺産は妻のものとなり、彼女はそれを姉の結婚式や、自分の結婚などに使いました。

参考元:『ウィキペディア


 こうして見ると、一番最初に取り上げた『青髭』は、シャルル・ペロー版『青髭』を元に作られたのではないかと思われます。途中の部分はかなり変わっていますが、概略は同じですね。先妻は青髭に殺されたところとか、最後に青髭が死んだり。
 どっちにしても、かなり残酷な話ですね(;^_^A

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。