Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
フォートレス・エクスプロレーション No.2 ~振り子学~
 今回は、おなじみのアトラクション『フォートレス・エクスプロレーション』の中にある振り子に注目します(^-^)

 DSC01579_1.jpg


 この振り子は『ペンデュラムタワー』というエリアにあります。『ペンデュラム』とは英語で『振り子』なので、そのまんまの意味です(;^_^A

 メディテレーニアンハーバーのモチーフとなった時代は、あの天才学者ガリレオ・ガリレイが生きていた頃です。大体17世紀ですね。
 ガリレオはピサの斜塔で揺れるシャンデリアを見て、大きく揺れているときも小さく揺れているときも、往復にかかる時間は同じ、という振り子の特性を発見した、と言われています。ただ、これは後世に伝えられるようになった逸話で、実際にはどのようにしてこの特性を発見したのかは不明です。けれど、ガリレオが発見したことは事実です。

 また、ガリレオはこの性質が時間の計測に大いに役立つだろう、と述べました。『フォートレス・エクスプロレーション』の科学者はそれを航海術の発展につなげようと研究している、という設定です。なので、あそこには振り子があります。
 ちなみに、ガリレオの死から何年か経った後、この性質を用いた『振り子時計』が発明されました。

 でも残念なことに、振り子時計は揺れに弱く、船などの乗り物の上では使用することができません。時計が止まってしまいます。このアトラクションの時代は、まだこのことが発見されてないみたいですね(^-^;)


 また、写真を見れば振り子がピンを倒している様子がわかりますよね?これは、19世紀にレオン・フーコーというフランスの物理学者が考案したやり方です。
 振り子を揺らしてしばらく経つと、振り子が円周上にあるピンを倒す、という方法ですね。
 これが何を意味するかというと、地球が自転をしている、という証明になるのです。
 その頃には地動説が主流となっていて、それを物理的に証明するやり方のひとつとして考え出されました。
 フーコーがこの公開実験をパリで行い、後に『フーコーの振り子』と呼ばれるようになりました。

参考元:『ウィキペディア


 ちなみに、ちょうどピンが倒れた後にこの写真を撮りました。上で書いた理屈を頭の中で理解していても、実際に倒れる様子を見ると感動しますよ(^^) 

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。