Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ウエスタンリバー鉄道 No.1 ~西部時代の駅~
DSC01469_1.jpg


今回は『ウエスタンリバー鉄道』を取り上げます。

 写真は、あんまり見慣れない方もいると思いますが、これは2階に上がったときに見れる、いろいろなものが置かれている物置のようなところにかかっている看板です。
 そこは、実は駅のチケット売り場です。ちゃんと窓口みたいなところがあって、その上に「TICKET」と書かれています。

 このアトラクションは、アメリカ西部時代のインディアンの村を通ったり、アメリカ河の横を走ったり、ビッグサンダー・マウンテンを通過して、最後には恐竜の世界へタイムスリップして、最初に乗った駅へ戻る、というものですね。

基礎データ
名称ウエスタンリバー鉄道
(Western River Railroad)
オープン日1983年4月15日
走行距離約1.6km
所要時間11分20秒
定員144人/1編成
利用制限なし
ファストパス×
シングルライダー×
スポンサー株式会社タカラトミー(2006年9月まで)
(2007年4月15日に復帰)


 ちなみにこのアトラクション、計画当初は海外のように各テーマランドに駅を設置し、移動手段としても使えるようにする予定でしたが、当時の日本の地方鉄道法だと、私有地内であっても2地点以上を結ぶ鉄道輸送は「鉄道事業」とみなされ、鉄道事業の免許をとったり、運賃やダイヤを設定しなければなりませんでした。これを回避するために現在の1駅のみの運転となっています。この点を考えれば、日本オリジナルのアトラクションと言えるでしょう。

 その法律は後に緩和されました。その後にできた東京ディズニーシーのアトラクション「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」は、2地点間の輸送が可能となっています。

 ウエスタンリバー鉄道がこれから2点間の輸送に切り替えるかどうかは今のところ不明です。
個人的なことを言えば、今のままで維持していってほしいです(^-^;)

 更に余談ですが、gacceはこの汽笛を聞かないと「ディズニーランドに来た!」という感じが湧きません。行く度に聞いていたし、小さい頃は割とお気に入りでしたから(^-^)
 でも、さすがにこの歳になるとだんだん「行こうよ~。」なんていうのが恥ずかしくなってくるんですよね(;^_^A 乗ったら乗ったで、あの頃の気持ちに戻ってキャッキャしてますが(笑)

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
『ウィキペディア』


ブログランキングに参加しました。
ワンクリック、よろしくお願いします(^-^)
スポンサーサイト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。