Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
イッツ・ア・スモールワールド “ベリーメリーホリデー” No.1
DSCN5342_1.jpg

 お久しぶりです(;^_^A

 今回は、東京ディズニーランドにある期間限定のアトラクション『イッツ・ア・スモールワールド “ベリーメリーホリデー”』を紹介します(^-^)

 これは、東京ディズニーランドでクリスマスイベントから年明けまでの期間限定で登場するアトラクションです。2003年、東京ディズニーランドが20周年を迎えた頃から始まりました。

 世界中の子どもたちが冬の装いをして、ウィンターホリデーシーズンの楽しさや喜びを合唱しています。曲は『ジングルベル』、『ひいらぎ飾ろう』、そしておなじみ『小さな世界』です(^^) これらがメドレーで歌われています。

 写真を見ればわかる通り、このアトラクションのシンボルのクロックタワーなどの建物も、冬のデコレーションになっています。夜にはこのようにライトアップもされて、とてもきれいですね(^-^)

基礎データ
名称イッツ・ア・スモールワールド“ベリーメリーホリデー”
(It's A Small World "very merry holidays ")
スタート日2003年11月?日
所要時間約10分
定員20人/1ボート
利用制限なし
ファストパス
シングルライダー×
スポンサーなし
(以前は株式会社そごう)


 2003年~2007年までは“ベリーメリーホリデー”期間のみ、ディズニー・ファストパス対応でしたが、2008年は非対応です。

参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 先ほど、『曲は『ジングルベル』、『ひいらぎ飾ろう』…』と書きましたが、なぜそのあと『クリスマス』と書かずに『ウィンターホリデーシーズン』と書いたのでしょうか??それは、この時期、全世界でクリスマスを祝っている訳ではないからです。
 ご存知、クリスマスはキリスト教のイベントですよね。なので、元々キリスト教圏外であるアジア各国のエリアではクリスマスのデコレーションはされていません。乗ったことのある方はわかるかと思いますが、中国は旧正月、日本はお正月のデコレーションが施されていますね(^^)

 また、このアトラクション内では『クリスマス』という言葉は一切出てきません。厳密に言うと、フランス語やイタリア語などで『メリークリスマス』と言ってたり、デコレーションで書かれていますが、『クリスマス』と発音されていることはありません。『ジングルベル』や『ひいらぎ飾ろう』の日本語歌詞でも、あえて『クリスマス』が出てこないのをチョイスしています。

 これは、先ほども書いたように、全世界でクリスマスのイベントをやっている訳ではないため、それに配慮して『クリスマス』という言葉を避けたのだと思われます。この気配りも、ディズニーらしいですね(^-^)
スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー” No.1 ~ハロウィーン風クリスマス~
DSCN0583_1.jpg

 今回は、東京ディズニーランドに期間限定で登場するこちらのアトラクション、『ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”』に注目します!(^-^)

 東京ディズニーランドグランドオープンから人気の『ホーンテッドマンション』が、ハロウィーンからクリスマスまでのシーズンにかけて、期間限定でこちらのバージョンになります。2004年から始まりました。
 映画『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス(以下ナイトメアー)』で登場するジャック・スケリントンやサリーといった、おなじみのキャラクターが登場し、アトラクションの外装と内装はハロウィーン風のクリスマスに装飾されます。

基礎データ
名称ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”
(Haunted Mansion "Holiday Nightmare")
スタート日2004年9月15日
走行距離約300m
所要時間約15分
定員3人/1台
利用制限なし
ファストパス
シングルライダー×
スポンサーなし


 ちなみに、『ナイトメアー(nightmare)』とは、『悪夢』という意味です。ナイトメアーについては今度紹介します(^^;)

参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 ちなみに、カリフォルニアのディズニーランドでは2001年10月から翌年1月の3ヶ月限定で、『ホーンテッドマンション』を、ナイトメアーをベースにした期間限定のアトラクション『ホーンテッドマンションホリデー(Haunted Mansion Holiday)』を始めました。これが好評だったため、翌年から毎年ハロウィーンとクリスマスのシーズン限定で行なわれるようになりました。
 これが、2004年に東京でも導入されたのです(^-^)

 マニアックなことをいうと、カリフォルニアと東京ではBGMが微妙に違うんですよ(;^_^A

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ビーバーブラザーズのカヌー探険 No.2 ~建設会社~
 今回は、東京ディズニーランド、クリッターカントリーにあるアトラクション『ビーバーブラザーズのカヌー探険』にまつわるお話を紹介します(^-^)

 前回、ビーバーブラザーズの名前を紹介しました。クローレンスとブリュースターですね。この2匹は、クリッターカントリーそのものを設計したり、レストラン『グランマ・サラのキッチン』を設計、建築したりなど数々の名誉に輝く大建築家です(・・;

 彼らが経営している建設会社のオフィス兼住居がこちらです↓

DSCN1300_1.jpg

 乗降場のすぐ近くにあるので、並んでいる間にこのオフィスを見ることができます。

 壁にかかっている看板を見てみると…、

DSCN1299_1.jpg

Beaver Brothers
CONSTRUCTION
COMPANY

"Eager to Build our Reputation"



ビーバーブラザーズ
建設会社

『評判をたてたい』



 ちょっと『TDRの英語』っぽくなってしまいましたね(;^_^A 看板にはこんなことが書かれています。

 この建設会社は、その名の通り家やダムの建設をおこなう部門と、アメリカ河を探険するカヌー探険の部門の2つがあります。もちろん、前者が主力部門です(笑)

 カヌー探険部門ができたのは、ラケッティの密造酒爆発事件がきっかけでした。その当時、ビーバーブラザーズはダム建設をしていましたが、密造酒が爆発してダムが吹き飛ばされたために建設は中止せざるを得ませんでした。そこで、彼らは吹き飛ばされたダムの廃材をかき集めて、アメリカ河を巡るカヌー探険を始めました。それが、この部門の始まりです。


 彼らの最大の功績は、なんといってもダムを建設したことです。その時の写真が、レストラン『グランマ・サラのキッチン』に飾られています↓
DSCN3758_1.jpg
若かりし頃のビーバーブラザーズ

 残念ながらこのダムはラケッティの密造酒のおかげで吹き飛んでしまいましたね(・・;

DSCN4286_1.jpg
現在のビーバーブラザーズ

 ビーバーブラザーズは、今やおじいちゃんなのです(^^;) この写真もレストラン内にあります。ところで、写真には1匹しか写ってませんが、もう1匹はどこへ行ってしまったのでしょう?(笑)


 実はビーバーブラザーズは、大建築家以外に大発明家という、もうひとつの顔を持っているのです!今現在2匹が熱心に研究していることは、スプラッシュ・マウンテンの水流をコントロールする装置の開発です。これが完成すると、木材を自由に運べるようになるそうです(゜゜) 実用化も間近らしく、今人間を丸太のボートに乗せて実験中だとか。

 …ん?それって…(;^_^A

参考元:『東京ディズニーランド超ガイド Door of Dream 夢のとびら』 講談社

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ビーバーブラザーズのカヌー探険 No.1 ~河めぐり~
DSCN1298_1.jpg

 今回は、東京ディズニーランド、クリッターカントリーのアトラクション、『ビーバーブラザーズのカヌー探険』を紹介します(^-^)

 このアトラクションは、キャストとゲストが一緒にカヌーを漕いでアメリカ河を一周するという、東京ディズニーリゾート内で最も体力を使うものです(^^;)
 パドルという漕ぐ棒を乗る前にキャストから渡されて、それを使って漕いでいきます。乗っている時にキャストがパドルの使い方を優しく教えてくれるので、初心者も安心して乗ることができます。小さな子ども用の短いパドルも用意されています。

 東京ディズニーランド開園当初は、このアトラクションは『デビークロケットのカヌー探険』という名前で、ウエスタンランドに属していました。1992年10月にクリッターカントリーがオープンしたと同時に現在の名称に変更され、乗降場所も今の所へ移動されました。

基礎データ
名称ビーバーブラザーズのカヌー探険
(Beaver Brothers Explorer Canoes)
オープン日1983年4月15日
形式ライド
所要時間約10分
定員1隻16人
利用制限詳しくはキャストまで
ファストパス×

開園1時間後から日没までの運営なので注意です!特に、日没の時間帯は季節によって大きく変動するので、現地での確認が必要です。

 ビーバーブラザーズはクローレンスとブリュースターという名前の2人(匹?(;^_^A)兄弟です。写真の看板にいるビーバーたちは彼らではないようです。なんでも、ビーバーブラザーズの経営する建設会社の社員だとか。

 ビーバーブラザーズについてはまた次回紹介します!

参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!” No.1 ~イタズラ好きエイリアンの登場~
DSCN1358_1.jpg

 更新期間がかなり空いてしまい、申しわけないですm(__)m

 今回は、今日からリニューアルオープンした『魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”』を紹介します(^-^)

 このアトラクションは、前のアトラクション『魅惑のチキルーム “ゲット・ザ・フィーバー!”』をリニューアルしたものです。オーディオ・アニマトロニクスの鳥や植物たちが歌を披露する、という内容は変わりませんが、今回はいたずら好きなあのエイリアン『スティッチ』が登場します。

 ハワイの鳥たちが繰り広げる歌のショーの途中で、何やら妙な事ばかりが起こります。その原因は…、というのが今回の内容です。前回のに続き、今回も東京ディズニーランドオリジナルのものとなっています。
 スティッチの登場するアトラクションは、東京ディズニーリゾートではこれが初ですね(^^)

基礎データ
名称魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”
(The Enchanted Tiki Room : Stitch Presents "Aloha E Komo Mai!")
オープン日2008年7月25日
形式シアター
所要時間約13分
定員344人
利用制限なし
ファストパス×
スポンサー新光証券株式会社


参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』


 写真は、リニューアル中の様子です。現在はもう見ることはできません。
 gacceは先日のスニークプレビューで体験してきましたが、まだオープンしたばかりなので、アトラクションの詳しい内容は伏せておきましたm(__)m

 この夏休みを利用して見に行ってみてください!

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。