Dreamagination!
TDRの百科事典的なサイトですw  バックグランドストーリーなど、随時紹介!!

プロフィール

gacce

Author:gacce


NEW! gacceのプロフィール

このサイトの利用について

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる


最近の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
レジェンド・オブ・ミシカ No.1 ~リズム~
DSCN1379_1.jpg


 今回は、珍しいことにショーについてです(^^;) 東京ディズニーシーのデイタイム・ハーバーショー『レジェンド・オブ・ミシカ』です(^-^)

 このショーは、東京ディズニーシー5周年記念のイベントの1つとしてスタートしました。5周年が終了した後も、東京ディズニーシーの昼の顔として現在でも開催されています。開催場所は、メディテレーニアンハーバーの『ポルト・パラディーゾ』エリアにある大きな海です。


 ショーのあらすじの紹介です。

 はるか昔、伝説の生き物たちは人間と共に地上で暮らしていました。人間の奏でるリズムにあわせて踊り、楽しいときを過ごしていました。ところが、人間が争いを始め、敵対するようになると、リズムは消えていってしまいました。伝説の生き物たちは、このことをとても悲しみ、神話の世界『ミシカ』へ帰ることにしました。けれど、また人間が心を一つにし一緒に踊ることができるようにと、生き物たちはミシカの門を開く鍵を残していきました。『もう一度、人間の方から呼びかけてほしい』という願いをこめて…。

 そして今、ミシカの門を開こうとディズニーの仲間たちが集まり、ゲストにも協力を呼びかけます。果たして、ミシカの門を開くことができるのでしょうか?


基礎データ
名称レジェンド・オブ・ミシカ
(The Legend of Mythica)
公演場所メディテレーニアンハーバー
(提供:株式会社講談社)
公演時間約25分
公演回数1日1回



参考元:『東京ディズニーリゾート 公式ホームページ』
ウィキペディア


 ショー中の様子を一部紹介です。

DSCN1384_1.jpg DSCN1392_1.jpg DSCN1395_1.jpg

DSCN1399_1.jpg DSCN1404_1.jpg DSCN1418_1.jpg


 ちなみに、このショーは手話によるパフォーマンスも行なっています。アトラクション『フォートレス・エクスプロレーション』のガリオン船の、ポンテ・ベッキオ側の場所で行なわれています。土曜、日曜、祝祭日のみですが、こういった配慮もディズニーらしいですね(^^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

スポンサーサイト

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ミスティックリズム ~ジャングルの命(リズム)~
DSC02232_1.jpg


 今回は、東京ディズニーシーのレギュラーショー『ミスティックリズム』を紹介します(^-^)

 これは、東京ディズニーシー、ロストリバーデルタにある『ハンガーステージ』で行われているショーですね。ディズニーキャラクターは一切出演していません。

 ロストリバーデルタ発見当初に使われていたこの格納庫(ハンガー)も、今や廃墟となってジャングルの一部となってしまいました。ここでは、火の精霊、水の精霊、大地の精霊が、「水と生命」「火」「土」をテーマに、ジャングルの伝説を力強いダンスと音楽で表現しており、幻想的な世界が繰り広げられています。

 なお、このショーでは、火や水、煙といった特殊効果がふんだんに使われていて、前方の席に座る人は水や煙の特殊効果を直接受ける可能性があるので、注意してください(;^_^A

基礎データ
名称ミスティックリズム
(Mystic Rhythms)
公演場所ハンガーステージ
(提供:株式会社ブリヂストン)
収容人数約1140人
公演時間約25分
公演回数1日3~5回


参考元:『東京ディズニーリゾート完全ガイド』 講談社
ウィキペディア


 このショーみたいに、アクロバットな踊りも見れて特殊効果もふんだんに使われているものは、見れるチャンスなんかそうありませんよ!普通に見ようとしたら、大人のワンデーパスポート料金(5800円)ぐらいはチケット代がかかるかと(^^;)
 一度はご覧あれ(^^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

ビッグバンドビート No.2 ~スウィング・ジャズ~
DSC02234_2.jpg


 昨日に引き続き、『ビッグバンドビート』についてです(^^;)
と言っても、今回はジャズについて書きます(^^)


 『ジャズ』というのは、クラシックやポップスと同じように、音楽のジャンルのひとつだというのはわかりますよね?
 ジャズには更に、『スウィング・ジャズ』、『ニューオーリンズ・ジャズ』、『ビバップ』、『ラテン・ジャズ』など、様々な形態が存在します。
 なんでこんなにもあるのでしょう?その答えは、ジャズの起源にあります。

 15世紀から19世紀まで、当時のアメリカは南部を中心にアフリカから黒人を強制的に連れてこさせ、奴隷にしていました。その時、奴隷となった黒人たちは、自分たちの祖国を思い出すために夜中にみんなで集まって、持ってきた民族楽器で音楽を奏でました。
 『奏でた』と言っても、アフリカ音楽は打楽器のみを使うので、その様子を見た当時の白人にとってはかなり衝撃的でした。
 西洋音楽では、打楽器はあくまで『調味料』のように扱われていて、それをメインで使う、という考えがなかったのです。
 時を経て、こうしたアフリカ音楽の形式と西洋音楽の技術と理論が組み合わさっていき、黒人たちの間で発展していきました。その音楽を専門とする黒人ミュージシャンが都市部に移住して、ジャズとして進化しました。発祥地はニューオーリンズだといわれています。
 
 こうしてジャズは、アメリカを代表する音楽の1つとなりました。1920年代に入るとスウィング・ジャズが誕生し、50年代に入るとそれとは異なる『ビバップ』などの形態も生まれました。

 ちなみに、日本にジャズが伝わったのは、1900年頃だと言われています

参考元:『ウィキペディア


 『ビッグバンドビート』で使われているのは、前回も書いたように『スウィング・ジャズ』です。
 gacceはジャズを専門にやっている訳ではないので、それぞれの違いについて詳しく書くことはできませんが(;^_^A、スウィング・ジャズのいいところは吹く方も聴く方も、ノリよく楽しめるところだと思っています(^^)

 数年前の某ジャズ娘映画(笑)が、社会現象を巻き起こしてからまもなく、『ビッグバンドビート』が公演されたので、それで更にジャズにのめりこんだ人もいるのでは??とgacceは勝手に思っています(^^;)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ビッグバンドビート No.1 ~スウィングジャズ黄金時代~
DSC01968_1.jpg


 今回は、おなじみのショー『ビッグバンドビート』です(^^)

 これは東京ディズニーシー5周年を記念してスタートしたショーのうちの1つですね。『ビッグバンドの全盛期だった1920年代から40年代にかけて、スウィング・ジャズをテーマとした歌とダンスによるレヴューショー』というテーマになっています。

 このショーの前に公演されていた『アンコール!』は、数々のブロードウェイミュージカルをメドレー形式にしていましたが、クリスマスやニューイヤーズ期間を除いて、ディズニーキャラクターの出演は一切ありませんでした。
 今回、ビッグバンドビートでは、ミッキー、マリー、ミニー、デイジーが出演していますね。

基礎データ
名称ビッグバンドビート
(Big Band Beat)
公演場所ブロードウェイ・ミュージックシアター
(提供:日本航空株式会社)
収容人数約1500人
公演時間約30分
公演回数1日3~5回


 劇場内の撮影は一切禁止されています。

 元々このショーは2007年の3月末までの公演予定でしたが、延期することが決定され、さらにアニバーサリーが終わっても続くようですね。

 ちなみにこのショー、2004年に開催されたスペシャルイベント『ザッツ・ディズニーテイメント』の内容をバージョンアップさせたものとなっています。
 このイベントは『ザッツ・ディズニーテイメント・ウィズ・ミッキー』という昼間の部門と、『ザッツ・ディズニーテイメント・アフターダーク』という夜の部門に分かれていました。昼間は、名の通りミッキーを始めとするディズニーキャラクターを全面に出し、夜はバンドの生演奏や歌手の生歌などが催されました。そのときに使われていた曲や、ダンサーの衣装などの一部が、『ビッグバンドビート』でも使われています。

参考元:『ウィキペディア


 gacceは音楽をやっているので、ついつい演奏の方に耳を傾けてしまいがちです(^^;) なので、ダンス見ようか演奏聞こうか迷ってしまうこともしばしば(;^_^A
 でも、もちろんそんな方だけでなく、音楽のことをあまりわからない方でも楽しめるものとなっています(^-^) 特に、クラシックではなくジャズなので、親しみやすいと思います。

 こういうのを観れるところはここぐらいですよ!(^^)

ブログランキングに参加しています。ぜひ両方ともワンクリックしてくださいw

テーマ:Tokyo Disney Resort - ジャンル:旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2007-2008 Dreamagination! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。